はがき・封書

 

一般的にアメリカでは、宛名を封書の表の中心に記し、差出人を封書の表の左上に記す。

 

宛先が日本の場合

差出人は英語(名前→住所→郵便番号の順)で左上に書き、宛名は中心に日本語(郵便番号→住所→宛名の順)で最後に“Air Mail to Japan”と大きめな文字で書く。

★郵便料金は、はがき$1.20、封書$1.20(~28gまで)となり、必要な切手を貼る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宛先がアメリカ国内の場合

差出人は左上に、宛名は中心に、英語で名前→住所→郵便番号の順に書く。

★郵便料金は、はがき¢35、封書¢49(~28gまで)となり、必要な切手を貼る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切手はCVSやWalgreen、各スパーマーケット、郵便局等で購入できる。

切手を貼ったはがきや封書はポストに入れるか、ホテル内のメールボックスへ投函も可能。多くのホテルはフロント付近にメールボックスが設置されている。

From Name 

Address

Zip, USA

To  郵便番号

  住所

  宛名

 

Air Mail to JAPAN

切手

切手

From Name 

Address

Zip

To Name 

  Address

  Zip

郵便

アメリカから日本へ郵便物を送る場合、エアメール利用でだいたい1週間程度の時間がかかる。郵便物の大きさや重さにより、ポストや郵便局、FEDEX、USP等、またはホテルのビジネスセンターから発送可能。

小包

 

アメリカから日本へ国際郵便を出す場合、United States Postal Service(郵便局)やFedex、USPにて税関申告書へ記入し発送する。宿泊ホテルにビジネスセンターがある場合、ビジネスセンターのカウンターでも発送手続きが可能。

もちろん生き物や生鮮物は送ることが出来ない。小包の大きさと重さで郵便料金が決められるが、かなり高い。

 

アメリカ国内郵便の場合、税関申告書への記入は必要ない。