Monument Valley

Monument Valley

@フォレストガンプポイント

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

Monument Valley

@ジョンフォードポイント

Monument Valley

Monument Valley

朝日

Monument Valley

Monument Valley

@センチネルメサ

Monument Valley

Monument Valley

@ジョンフォードポイント

Monument Valley

Monument Valley

公園情報

所在地

標高・面積等

営業時間

その他

ラスベガスから北東へ640km離れたところに位置する。ユタ州。

正式名所

Monument Valley Navajo Tribal Park(モニュメントバレーナバホトライバルパーク)

標高約1500~1800m、面積約371k㎡。

【公園内】

特に閉園することはなく、日出~日没まで観光可能。

【ビジターセンター】

℡ 1-435-727-5870

5月ー9月6:00~20:00

10月ー4月8:00~17:00

★ビジターセンターは祝日休業あり

ナバホ居留地内にあるため、公園内は現地ガイドが引率するツアーへの参加が必須。またアルコールが一切禁止のため、持ち込みも不可。

Monument Valley

モニュメントバレー

~アメリカ西部の原風景が広がる

モニュメントバレー~

 

乾いた大地に巨大な岩山がむき出しになっている遠景は、まさにアメリカのウエスタン映画の1シーン。実際に、モニュメントバレーでは491本もの西部劇の撮影がされ、他に『バック トゥー ザ フューチャー3』や『フォレストガンプ』等の映画や多くのCMやプロモーションビデオにも登場する。

 

モニュメントバレーはラスベガスから内陸に約640キロ離れたところに位置し、ナバホ族居住地区内にある。

 

‟モニュメント”とは『記念碑』を意味し、地から記念碑の様に突き出した岩山が多数あることから、モニュメントバレーと呼ばれている。公園は東京23区の半分ほどの広さで、標高1500m~1600mの場所にベースがある。地から突き出た岩山はビュート(Butte)と呼ばれ、高さ300mに及ぶもの!?

ビュートには様々な形があり、右手のミトンの様な形状の‟ライトミトン”、左手のミトンのような形状の‟レフトミトン”、トーテムポールのように細長い‟トーテムポール”と

各々に形にちなんだ名前がつけられている。

 

 

【 シーニックドライブ 】

バレー内にある全長27kmの未舗装道路で、荒野へと続いている。

ドライブからは、ジョン フォード監督が映画の撮影をした‟ジョン フォード ポイント”を含む

11つのビューポイントがある。

①ザ ミトン&メリックビュート

②エレファントビュート

③スリーシスターズ

④ジョンフォードポイント

⑤キャメルビュート

⑥ザ ハブ

⑦トーテムポール

⑧サンドスプリング

⑨アーチストポイント

⑩ノースウィンドウ

⑪ザ サム

【 ユニークな地形 】

モニュメントバレーは、2億7千万年ほど前の地層が、積年と自然の力で侵食され造り出されている。岩肌の赤色は鉄酸化物によるもので、かつてロッキー山脈から流れ込んだ鉄分を含む土砂が原因。

その昔、モニュメントバレーはグランドキャニオンの様にテーブル状のい地形だったが、

風化が進み岩山へと姿を変えた。砂漠気候で雨は殆ど降らないが、風や気温の変化により、今も尚ゆっくりと浸食され形状が変化し続けている。 

 

 

【 ナバホ国 】

インディアン ナバホ族の国‟ナバホ ネイション”はアリゾナ州北部からユタ州の南部辺りに位置し、日本の東北6県ほどの面積に、人口18万人が生活している。

ナバホ ネイションはアメリカ合衆国公認の国で、独自の文化、法律、国旗があり、

警察や裁判所、学校等も揃っている。

自然を敬うナバホ族にとって、モニュメントバレーは今も昔も神聖な場所である。