ショー

ラスベガスと言えば第一にカジノ、第二にエンターテイメントショーと言っても過言ではないほど常設ショーの数が豊富でレベルも一流。どのショーもラスベガスらしい華やか且つ豪快な演出が多く、英語が分からなくても十分に楽しめるものほとんど。

常設ショーには各プロダクションが運営するプロダクションショーと有名歌手のライブコンサートのようなヘッドライナーショーがある。

現在ラスベガスを代表するプロダクションショーと言えばカナダ発祥のサーカス集団“シルク ドゥ ソレイユ”で8つのショーを手掛けており、どれも人気が高く週末などはチケットが手に入りにくい。他にもブルーマンやジャージーボーイズなど多くのプロダクションが専用劇場を設けている。

かつて、エルビスプレスリーやフランクシナトラなど伝説のスターが活躍したラスベガスのステージは今でもシンガーの憧れであり、現在は世界的な大スター・エルトンジョン氏やアメリカの歌姫ブリトニースピアーズが常設コンサートを行っている。

また、ジュビリーやチッペンデールなど18禁のステージもラスベガスならでは!

★ショーチケットには一般の消費税の代わりにライブエンターテイメント税(LET)10%(2015年3月現在)が掛かる。

 

★ショー1時間前までにはチケットボックス窓口にて、予約確認書、クレジットカード、パスポートを提示してチケットを受け取る必要がある。ショー時間が遅い場合は、チケットボックスの営業時間内にチケットを受け取るように注意が必要。

↓気になるショーの写真をクリック↓